葬儀の費用と節約法

日本消費者協会が調査した結果、全国平均の葬儀費用は約230万円でした。
ただし、これには香典返しなどが含まれていません。
おそらくこれ以上の金額がかかっていると思われます。
ではその内訳はどのようになっているのでしょうか。
葬儀費用は大きく3つに分けることができます。
・葬儀社に支払う葬儀費用

・葬儀社が立て替える実費費用

・寺院などへのお布施内容と節約方法は次のとおりです。

%e8%91%ac%e5%84%80%e8%b2%bb%e7%94%a8

▼葬儀社に支払う「葬儀費用」

インターネットや広告で「葬儀一式○○万円」という文字を見かけます。
安いと思って依頼をすると、実際の支払いで3倍の額を請求されたというトラブルもよくあります。
というのも、この「葬儀一式」に含まれているのは「祭壇一式のレンタル料」「棺」「人件費」などで、「飲食費」「返礼品代」「霊枢車代」などは含まれていないことが多いからです。

節約方法

まずは見積りを取り、内容と金額を確認します。
特に金額を左右する「祭壇一式」と「棺」は葬儀社の勧めるものよりワンランク下のものを選んでもあまり見劣りはしません。
冷静に選びましょう。

▼葬儀社が立て替える「実費費用」

これは斎場使用料など価格が決まっている「固定費」と、飲食接待費や返礼品など人数や数量で価格が変わる「変動費」に分けられます。

節約方法

斎場使用料も飲食、返礼品も、ともに人数をコントロールすることで節約することができます。

葬儀を知らせる範囲を十分に考慮しましよう。

▼寺院などに納める一お布施」

お布施には定価がありません。
「お気持ち」を包むものなので、いちがいにはいえませんが、全国の平均相場を見ると仏名なども含めて48万6千円となっています。

節約方法

まず仏名をいただくお寺を間違えないことです。
仏名の費用が二重にかかるようなことのないよう、菩提寺のあるお寺を調べておきましよう。

葬儀費用の目安

事前準備

理想的な葬儀の進行と日程

まず下の表を見てください。
これは一般的な葬儀の日程をあらわしたものです。
この日程からもわかるように、通常葬儀は亡くなってから2~3日の間に行われます。
死亡したその日に仮通夜が行われることもあります。
つまり、亡くなったことを悲しむいとまもなく、葬儀のかたちを決め、それに添った葬儀社を決めて準備を進めなければならないのです。
そんな短い時間のなかで、いい葬儀社にめぐりあって納得のいく葬儀をするというのは大変なことです。
実際、葬儀を経験した人のなかには、葬儀内容や葬儀社の対応に不満を感じている人も多く、葬儀社とトラブルになったケースも少なくありません。

そのようなことのないよう、できれば事前に準備をしておくことをお勧めします。

通夜葬儀日程

▼葬儀の事前準備の勧め

たとえばマンションを購入するとき、初めて入った不動産屋で、何も考えずにいきなり契約する人は少ないはずです。
多くの場合、予算、広さ、立地条件、日当たり、水まわりなどを見て、自分の希望にあった物件かどうかを検討し、他のマンションと比較して購入するのではないでしょうか。
葬儀も同じです。
事前に自分の要望を考えて、それにあった葬儀社を選ぶのが、葬儀で失敗しない最善の方法なのです。

事前準備のメリット

時間的にも精神的にも余裕がない状況で決めるのと違い、事前準備はゆっくり時間をとって検討できるので、葬儀社のいうことを理解しながら自分のペースで進めることができます。
しかも事前に概算の費用を把握できて、不必要な費用をかけないですみます。
ほかにもたくさんのメリットがあります。

事前準備のメリット表

●自分の要望が把握できる
●希望にあった葬儀ができる
●時間をかけて交渉ができる
●いさというときに落ち着いて行動できる
●費用のかかり過ぎが防げる
●事前に概算の費用が把握できる
●葬儀社のいうことを理解しながら、自分のペースで進められる
●細かい打ち合わせに忙殺されずに、ゆっくりお別れができる
●葬儀社選びに時間をかけられる
●葬儀社の良し悪しのチエツクができる
●担当者の人選が適切にできる
●事前の打ち合わせをしっかりすることで、葬儀社に気合が入る

▼前準備に必要なもの

まずは、あなたがどんな葬儀にしたいのかを考えて、要望をまとめておきます。
ポイントは「葬儀の規模」「葬儀のかたち」「葬儀を行う場所」「要望」の4つです。
その他こだわっていること、希望などをまとめておきます。
これらをもとに葬儀社に問い合わせをします。

◆事前準備のポイント

1.葬儀のかたち:葬儀の宗教
2.葬儀の規模:葬儀の大きさ・人数
3.場所:葬儀をあげる場所・安置
4.要望:予算・こだわりたいこと.細かいデイテ一ルなどの希望

▼葬儀社から見積もりを取る

要望がまとまったら、めぼしい葬儀社2?3社に電話をかけて見積もりを取ります。
もちろん見積もりを取ったからといって、葬儀を依頼することにはなりません。
あくまでも「検討材料をもらう」という気持ちでお願いしましょう。
事前の相談ということで、見積もりを嫌がられたり、葬儀の規模が小さいことでがっかりするような気配がしたら、あまり良心的な葬儀社とはいえません。
事前に見積もりを取ることは、葬儀社の良し悪しの判断材料にもなるのです。

葬儀事前見積もり

葬儀社の決定

葬儀社に依頼をする

葬儀の形式や規模など葬儀方針が決まったら、できるだけ早く葬儀社を選び依頼をします。
葬儀社は死亡届の手続きから、遺体の搬送、通夜・葬儀の準備と進行管理まで、お願いをすればなんでも引き受けてくれますから葬儀にはなくてはならない存在です。
とはいえ、葬儀社の良し悪しで、その葬儀の印象も変わってきます。
慎重に選びましょう。

▼葬儀社を探す

自宅で葬儀を行うとき峰自宅に近い業者を選ぶと便利です。
地域の事情にも通じていて、何度でも打ち合わせができるというメリットがあります。
葬儀社に心当たりがないときは葬儀経験者に話を聞いたり、評判のいい業者を教えてもらったりするのもひとつの方法です。
また最近では、葬儀社を紹介する会社やNPO、市民団体もあります。
とはいえ、最終的にどの業者を選ぶかはあなた自身が決めることです。
そこで、よい業者を見つけるポイントを紹介しましょう。

よい業者を選ぶ方法

マスコミに出ているとか、大きな斎場を持っているといったことは判断の基準にはなりません。
よい業者とは、丁寧な対応、明朗な価格、わかりやすい説明、希望にあった提案をしてくれる葬儀社ということです。
さらに地元密着型で、長年口コミで続いている小さな葬儀社は比較的安心できます。
希望を聞かず、言い切り型、ごり押しなどの印象を少しでも受けたら避けるのが賢明です。
さらに葬儀社にとって利益の少ない小さな規模の葬儀(家族葬・密葬・火葬)の相談でも快く応対してくれるなど、チェックポイントはいくつかあげられます(下表参照)。

◆安心できる葬儀社選びのポイント◆

  1. 事前の相談にも快く応じてくれる
  2. 対応が丁寧で、質問にも親切に答えてくれる
  3. 葬儀費用について詳しく説明してくれて、詳細な見積もりを出してくれる
  4. 希望をよく聞き、いろいろな選択肢を示してくれる
  5. 家族葬や密葬、火葬といった小規模な葬儀にも親身に応じてくれる
  6. 契約を急がせたり、ごり押しをしない
  7. 店舗があって長年営業している
  8. 今まで行った葬儀の記録を見せてくれる
  9. 金額が明確でわかりやすいパンフレットを用意している
  10. 支払い期限に余裕がある

▼自分自身で確かめる

比較的時間に余裕があるときは実際に葬儀社へ出向いて行き、担当者に見積りをお願いしたり説明を受けてみます。
葬儀社にはパンフレットやホームページに載っていない資料もたくさんありますし、なにより実際に会って話せば印象もかなり的確につかめます。
それには前述で触れたように、事前に準備をしておくのがいちばんですが、電話の応対からでもおよその判断ができます。
急な場合でも、メールや人頼みにせず、必ず自分で電話をかけるようにしましょう。
風評だけを信じず、自分で確かめてから選んでください。